平板載荷試験
反力 (鋼材)
反力(重機)
業務内容紹介へ戻る
地盤の破壊状況
仮設全景
●長 所:地盤に実際に静的荷重を加えることによって強度を確認する方法なので
      非常に精度が高い。
●短 所:標準的な載荷巾は直径30pなので、測定できる範囲は概ね試験面下
      60p程度まで。構造物の基礎巾が大きい場合は深い部分の地盤状態
      をボーリングやサウンディングで確認する必要がある。

土木構造物や建築物の基礎底面における地盤の支持力を測定する方法の一つです。